サブリースで不動産経営をする|ファイナンスのノウハウ

中古マンションの注意点

物件

自分の足で調べよう

中古マンションを購入し、マンション経営を始める方が増加しています。大都市圏だけではなく地方都市にある中古マンションも人気となっており、高い利回りを得られると人気となっています。インターネットを利用することで物件情報も容易に入手できるため、中古マンションを購入しようと検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、インターネットだけに頼った情報入手は、非常に危険です。きちんと自分の足で調べることで、中古マンションでのマンション経営で高い利回り求めることができます。自分の足で実地調査をする際には、3つのポイントをよく確認するようにしましょう。3つのポイントとは、周辺の雰囲気、周辺の空室率、マンション外観の状態です。

実地調査の確認ポイント

マンション経営で成功するためには、何より入居者を確保しなければなりません。どのような物件を保有するにしろ、入居者のいないマンションからは家賃収入は得られません。そのため、入居希望者に入居しても良いと思ってもらわなければなりません。周辺の雰囲気は、入居希望者の入居判断に大きな影響を与えます。雰囲気はインターネットでは分からないため、実地調査で把握することが重要です。また、周辺の空室率を確認することで、そのエリアが人気エリアであるかが分かります。あまりにも空室が多い場合には、マンションに魅力があっても空室に頭を悩ませることになるかもしれません。雰囲気も良く空室が少ないエリアにあるからと言って、油断してはなりません。きちんとマンション自体を調査する必要があります。外観にひび割れがある場合には、多額の修繕費が発生する恐れがあります。多額の修繕費は健全なマンション経営を損なうため、修繕が必要なマンションかをきちんと確認しましょう。